DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:オートバイ
ええっと 一部にTRSの受講生さんが来てくださっているという話もあり、たまにはオートバイ関連の話でやす。

オートバイの講習会などで受講生との会話

凸「ライン取りに意識が行ってないようですね。きつい場所をわざわざ通ってしまっているので、アクセルがいつまで開けられない状態です。」
受講生「いやあ~ オートバイを曲げるのに精一杯でライン取りまで意識がいかなくて~」
凸「曲げることとライン取り、どっちが優先~ってことはないんですよ。どっちかというとライン取りから習得した方が上達しやすいと思います。」

個人的経験からくる考えではあるのですが、「曲げる」技術を磨くよりも、「通る場所」を読み取る感覚を磨く方が上達には早道なんでわないかと思っております。
曲げる技術は上手い人のやり方を見ても真似できるものではありません。なにより「コワさの壁」を越えなければならないというチビシいハードルが存在します。
通る場所は結構はっきりしているので、自分と上手な人の差異が明確に認識できるのです。
大抵の中・初級ライダーのラインは、上手な人が通るラインよりも更に難易度の高いライン(笑)を通っていることが多いです。
だからライン取りだけは、上手い人の真似するように走った方が確実に上達するはずなのです。

なんというか・・・ マジメな人や観念的な完全主義者の人ほど「曲がる技術」に拘ってしまい、簡単に思われがちなライン取りの習得を軽視するような傾向があるように感じます。(昔の私も) もっと柔軟に「ズルく上手くなる」貪欲さをもってもいいのかなあっと思います。

曲がる技術とラインを読み解く感覚は鶏と卵の関係みたいなもんかなあっと漠然と思っております。
自分の速度域にあった最適のラインを通ることで、今必要な曲がる技術が磨かれていく。
磨きあがった技術がより柔軟性のあるライン取りを可能にして、より攻撃的なライディングを可能にしている。
速くなった速度域にあった最適のラインを通ることで、その領域での技術が磨かれていく~

このあと無限ループ(繰り返し)なのかなあっと。

だから私はライディングフォームの区々たる良し悪しなどよりも(目・肩肘・ニーグリップは別)、ライン取りをとにかく最適化することを重点に教えてたりします。

そのうち自転車のコーナリングについても語れるようになるのでしょうか。
なんつーか 多分、自転車オンリーの人のコーナリングってメッチャクチャ危険な乗り方してそうな妄想があるのですが・・・ まあ実例をみながら追々研究~ はっはっは~
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 疾き事だぼはぜの如く all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。