DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:自転車


先週挑戦してきた道志みちを再度チャレンジしてきました。
なぜなら・・・

○○座さん 「うぷぷ だめぽ」
○豆さん 「言い訳する男って・・・キライ・・・」

など・・・ 諸先輩の皆様から有形無形の罵詈雑言×
 → ○励ましの言葉を頂き・・・

逃げちゃだめだ 
逃げちゃだめだ 逃げちゃだめだ 
逃げちゃだめだ 逃げちゃだめだ 逃げちゃだめだ 
逃げちゃだめだ 逃げちゃだめだ 逃げちゃだめだ 逃げちゃだめだ 

な気分になったもので(単に日曜日の予定が吹っ飛んだので、代わりに奥様から月曜日に遊びに行く権を頂けた)、

「再度、山伏峠に挑戦して、あいつらをギャフンと言わせてやるであります」大作戦を決行した次第であります。

目標はぁ~!
・道の駅~山伏峠で足を付かない!
・山中湖に至る!
・なるべく休まない!(前回より)
っということで、レッツゴ~ 三匹は目方でドン~ (なんでしょね、今日の変なノリは)

城山ダムを越えてから三ヶ木の交差点まで、2つほど丘越えがありまして、これで今日の足の調子が計れます・・・ で・・・ お、おっも~い・・・
足がぁ~ 足がぁ~ (ラピュタのムサカ風に)
土曜、日曜とマジメに40分間ローラー台を漕ぎ、うち20分間は結構負荷かけて漕ぎまくったので、太ももの前も後ろも凝りというか張りというか・・・そんな感じです。
回らない・・・回せない・・・
そうは言っても、ここで帰ったらあの人たちに何言われるかわからないです。
青山の交差点を右折して始まり始まり~ あー重い・・・つらい・・・ダンシングする気にならない。
コキコキとシッティングで序盤のアップダウンをクリア。先週は下りで勢いつけて、登り後半はダンシング~とか元気な漕ぎ方だったんだよなあ・・・
青野原のフラットな台地を抜けると、道志みちの神奈川県内最高ポイントまでの長めの登りに入ります。
淡々・・・淡々とキコキコ登る・・・ あれえ・・・先週より辛くない気がする・・・ あ、もう最高地点着いちゃった。てな感じで、標高450mから一気に標高100mダウンヒル~ 両国橋のヘアピンからが本当の道志クライムです。こっからまだ20km超あるよ・・・
ネガな気持ちの割りに足は堅実に坂を登ります。ヘアピンイン側の段差では、おおっと出た~ 登るためのダンシングだあ~ 元気なのか?自分・・・
ここら辺から・・・新たな「気付き」を感じました。本当に本当に、見かけと実際の傾斜が全然違う!
下りだと思ってたら登ってたなんてところが幾つも!ああ~ こういうとこで調子乗って下り系の漕ぎすると足が売り切れるんだろうな~
だんだんと自分が登りやすい回転数というのが見えてきた感じ。まあ傾斜によって変わるので数字で示しにくいですが、平地のケイデンスマイナス15回転くらいのレンジだと効率がいいような気がする。
私は80~85 90なんて登りでは維持できません。逆に下りは平地にその分プラスしたあたりというのが復路でわかった。まあ、とんでもない不正解かもしれないし、今後の成長により変わるかもしれないです。
いつ果てるともしれない登りが続く中・・・登りの中間ポイントくらいになる(?実際はもっと後半よりかも))村役場で飲み物休憩。
で、再出発~ 少し休んだくらいでは足は元気になりません。ま、淡々と淡々と、いろんなポジションで疲れを分散しつつ登る登る~
前回、気が遠くなるほど遠いと思った道の駅に、体感値1/2くらいのペースで到着。ここで補給食&トイレ休憩。
ここの道の駅はツーリングライダー銀座だ~ けど・・・ 悲しい性で、ついつい乗り方にダメだしをしてしまう私・・・
(--;
doushimichieki

doushikappa



30分ほど休憩を取った後、気合を入れて再スタート。距離10km弱、標高差400m弱 平均4%、最大勾配11%・・・ スペック的にはなんてことないレベルです。
序盤3.5kmまでは2%弱の緩やかな登り・・・それ以降、2次曲線的に勾配がきつくなって行きます。この道の罠は、直線部分が長いため、登るべき坂が視界を覆い尽くしてしまい、気力が失せること。
あのカーブまで行けば・・・的な目印が少ないこと・・・などかと思います・・・が、きっとよそと比べると大したことないです。
概ねシッティング、きつくなったらダンシングでトルクアップっというシフトで淡々と登ります。
途中、「やっぱきつい~ やめたい~」っと思うこと2度・・・ 途中から気が付いたのですが、この坂・・・実は見掛け倒しなんじゃ・・・ 序盤の神奈川最高点登りとかとそう変わらないよねえ・・・
っと思ったら、萎えなくなりました。(実際は山伏峠直前の方が2倍くらいキツイというデータ)
時速はなんとか10km/hをわらない程度・・・だけど走って登るよりも速いと思う。
疲れたらダンシングして、ダンシングに疲れたらシッティング~っと言う具合に漕ぎ方を変えると、適当に疲れが分散される感じ。まだなんとか行ける。
空気の匂いが変わりはじめて、つづら折れをクリアした先にはついに!山伏トンネル出現~
やったぞー 足付かずに登ったぞ~ そのまま後は山中湖までダウンヒル~
yamanakako



さて・・・ 帰りどうする?
なんかテーマないとつまらないよね・・・ と、言う訳で、津久井湖まで無休憩ダウンヒル~ 49.71kmの旅~
序盤は100mの標高差をえっちらおっちら・・・ 短いので苦にならん。その後はカッ飛び小僧~ ぷひ~ 今日の最高速が山伏直後で出ました。73.2km/hです。
道の駅前後になると比較的平坦な下りに。(登るのは大変だけど)
このあたりはそれなりに踏んでいかないとスピードを維持できない。意外に足に来るよ・・・ダウンヒル。
途中、小さな登りが数箇所あるも、下りの勢いを登りの途中まで使って、あとは回転キープとダンシングで乗り切り。なんかカッコイイぞ。
車にもひっかからず、途中のなべ底点である両国橋に・・・ ここから約2km、4%勾配の登り。ダウンヒルで踏んできた足にかなり来ます。でも、ここで足付いたら意味ナイ。終わらない坂もないし、登れない坂もない!などと戯言を吐いてチャレンジ。
ここが最後の坂だから、攻めます。頑張ります。
比較的疲労の少ないお尻から腿裏半ばまでの筋肉を上手く使えるように、回転の底あたりでペダルを走らせる感じで回転を載せていきます。うむ。そこそこいい感じ。それで疲れてきたらダンシング。
ダンシングも単に足を休ませる感じのものではなくて、上半身の力で身体を振り下ろすような要素を入れて、脚を休めつつトルクを稼いで行きます。
意外にあっけなく最高地点クリア。いけ~ あとは下りだけだ~(実際にはアップダウンあり)
ここからも手を抜くことなく(一時的に漕ぎを休むことはあります)、踏んで回せるところはチャージしてゆく。意外に青野原エリアが長くて面食らいましたが、無事津久井湖まで帰還しました。復路は無休憩達成~

長いけど、傾斜的には2級レベルの峠だそうです。
もっともっと走りこまないと、いろんなところには好き勝手に行けないです。
日程的にしばらくロングライドには行けないけど、近場とかローラー台で鍛えなければ。
何しろ10月には富士チャレ200が控えてますからね。旧最終コーナーセクションの登りで売り切れない足を作らねば。


そうそう 今日の津久井湖まで行き帰りは車です。だって時間なかったんだもん。
前日までのローラー台のおかげで、疲労感は今回の方が上でした。
tsukuiko

スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:自転車
日曜日は2月以来となる、多摩川サイクリングロードの終点、羽村堰アタック。
ほんとうは、夜明け直前の薄暮くらいの頃合(だいたい4時)から走り出そうかと思ったのですが、身体と心が目覚めてくるのを冷静に観察しながら調子を見てたら5時15分くらいにスタートとなりました。
5時台ともなると散歩の人もローディさんもほとんどなし。
序盤はウォームアップよろしく軽めに回してスピードも出さずに行きます。多摩川サーキットのグランドスタンド跡地を越えたあたりからクルージングスピードへ。

本日のお題(優先順位)
・終盤になっても足を使い果たさないようなスタミナコントロール
・ケイデンスは90~95回転を目標
・行きは2時間切りを狙う
・極力休憩しない

心拍数は150台 80%を超える負荷 ややキツメ
でも主観的には特になんてことないです。

通りなれて来たせいか、「クルクル回せ」ポイント(関戸橋あたり)まで快調に飛ばします。
こっから先は3ヶ月ぶりのゾーン。これからが長い。
スタミナコントロールということもあって、30分毎に5分間、ペースダウンをします。
その間は低回転で回したり、スタンディングしたり、低負荷で高回転回したりなど、クルージング時とは違う走りを入れて脚に喝を入れます。

そんなこんなで1時間50分ちょっとで羽村堰到着。Avは24km/h。頑張ったつもりですが思ったより高くないです。(7時半くらい) ここまでの距離は45km・・・くらい

羽村で10分ほど休憩した後、折り返し。
このあたりから対向で登ってくるローディさんが劇的に増えます。

一応河川敷なので、理論的には帰りは下り・・・のはずですが、あんまし軽やかにスピードに乗れません。
実は微妙に逆風だったようで・・・(観察力なし)
だんだんスタミナが切り取られていって、60kmくらい経過したY’s横の7-11でレストを入れます。
こしあんドーナッツ食べてみた。元気になった。

再スタート後、上手い具合に先行車が現れてくれます。微妙に私よりペース上。
引き離れそうになって近づいて、また引き離されて~を何度も繰り返して15分ばかし行くと、先行車折り返し・・・ もう帰っちゃうのかよ・・・
その後、単独走行へ・・・ でもペースをつかめたので、ケイデンスも目標値を維持したまま走っていけました。

苦しい時に気が付いたこと・・・

・結構、右足主体で回してる(右足ハムストリングスに力が入らなくなった) そん時は左足主体で走ると右足も復活してくる。
・上のギアにシフトアップした後は、アクセルを開けながらクラッチをつないでやるようにミニ加速すると、その後のスピードの乗りが良くなる。
・同じケイデンスでも、踏んでいくペダリング(攻め)と回していくペダリング(守り)がある。これを上手く使いこなすと、ペースを維持したまま長距離を走れる。

など・・・ 妄想系思い込みですが

復活後は思った以上に速いペースで水道橋(登戸)を渡河。
ホームコースの川崎側に戻ったことで気持ちにスイッチが入ります。うりゃああ~ 行くぜ行くぜ行くぜ~ っと、思ったら・・・ 清掃イベントでコース中人だけ・・・ Orz
まあ、ボランティアでやってくだすっている人たちなので、勝手なことやっちゃいかんです。
っつー訳で、場の空気を読んだペースに落とします。はあーいい休憩になった。
どーしても道を開けて欲しい状況では、「すいませ~ん 通りま~す おつかれさまで~す」っと、偽善者な態度で自転車乗りの地位向上に努めます。
でも・・・こういう時にも空気読まずに追い越しかけて、対向車(私)にリスクを押し付けてくるバータレも居ます。(ローディでも・・・)

断続的な渋滞が二子玉川あたりまで続きますが、頭を切り替えてGo&Stopで練習します。
こっちの方がキツイかな~

二子玉~等々力は元のクルージングペースに戻して快走。おおー 終盤でも脚が売り切れてない。
このまま家に直帰すると100km超は狙えないため、丸子橋で左岸に渡って多摩川大橋を目指します。
橋を1kmほど過ぎたあたりで折り返して帰路へ。
本日の総距離は結局

104.46km!

ついに100km超ライダーだあ~ うわあ~ やった~

帰りは結局2時間20分くらいかかってしまいましたが、少し余計に走っているのと、やや逆風だったのでまあこんなもんかなっと。

休みも、羽村とY’sの2回で済みました。無休憩まではまだ程遠いですね。

平地ばっかり走っていても練習にならない!っとは思いますが、今はアップダウンのあるところに行って負荷をかけること以前に、長い距離を長い時間走る能力を磨く基礎の時期だと位置づけております。
距離体制がついてきたら、尾根幹道とか他のルートにも進出して行きたいなあなどと・・・思ったりする訳なのでありました。

さー 平日はローラー台漕ぐぞ~
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:自転車
日曜日は自転車の練習会in荒川。
トライアスロンショップオミノさんの練習会でございます。
スタート地点は秋が瀬公園。走ったことないけどサーキット秋が瀬の隣です。
現地までは四輪で移動。ましまろさんとばびんさんをピックアップして行きます。ステップワゴンならとりあえず3台×3人はキャリアなしで積み込める。
現地ではajaxさんと合流。「強く生きろ!」ジャージ カコイイす。(ライダーも)
きちんと時間通りについてほっとしていたらあっというまに中級班スタート。大慌てで準備・・・ナサケナスです。
で、10台くらい(?)のトレインで走行開始。いつも孤独なライダーだから隊列走行はドキドキです。前見えませんから。
ajaxさんから事前に「多摩川と違って人がいないから走りやすいと思うけど、車止めの柵とかあるから気をつけてね~」っとアドバイス。これがあるのとないのとでは、その後のコワさが違ったことでしょう。ベテラン心強しです。
走り始めると、妄想していたよりはコース幅広くない・・・ 多摩川のキモチ20%増しか・・・ でも歩行者がきわめて少ないので、無用な危険さは感じません。人車分離が自然と行き届いている。
出だしはとにかくハンドサインと危険コールを覚えて真似る。初心者だからといってこういうところは遠慮しない。一人で走っているだけだと練習できないスキルです。
左岸側から右岸側に至るあたりからペースが乗ってきます。私も喰らいついて行こうと思う気持ちのせいか、きがついたらケイデンスが100回転超・・・ だだだ大丈夫か・・・
でもトレインだと風を受けないからあんまり負荷感ないんですよね。
暫く行くとモトクロスビレッジの見慣れた光景が・・・ あーちびっ子がグルグル回ってる~ ええなー 楽しそうだな~
更に上流へ登っていくと・・・おわ!HMS受講生がコースインすることだった。
ばいばーい(^^)/~
ホントは上級コースのキャンセル待ちが直前になって回ってきてたんだけど、すでにオミノさんとこ行く段取り決めてたので今回は断っちゃいましたです。
さて、太郎右衛門橋を越えると、そっから先は完全に未知の世界・・・ 時折出現する柵が緊張感を維持させてくれます。
しばら河川敷の道を行くといきなり林間コースへ。桜堤み公園。「ぱきぱき!」っと何か踏む音が響き渡ります。なんか多摩川CRのゴール直前っぽい感じに似ているかも。
林を抜けると折り返し地点の吉見運動公園へ。気持ち・・・もう終わり?っという感じ。まあ初心者ですからそんくらいにしといた方がいいのかも。
15分くらい(?)休憩した後、ajaxさんはもうちょっと上流まで登って折り返すとのこと。よっしゃー!着いていって自分の力がどこらへんまで来てるのか確認してやるでえ~っと、気合を入れてビンディングをステップインしたところ・・・ ヨレヨレヨレヨレ~ っと心もとないフロントからの感触が・・・

げげええー ぱぱぱ「ぱんく」だあ~
 
コンナトキニ コンナトキニ コンナトキニ コンナトキニ 
ドウセボクナンカ ドウセボクナンカ ドウセボクナンカ
Orz

っと落ち込んでいても始まらないので、他の人には先に行って貰って腰を据えてチューブ交換にうつります。
久しぶりなのでうろ覚え・・・ リム噛みでスペアチューブもパンクしたらマヂでヤバイな(パッチは持ってるけど)っと思いながら基本作業を思い出して開始
1.前輪を外します(ぎゃああ~ ブレーキリリースしてないぢゃん)
2.キャップを取ってエアーを完全に抜きます(もう抜けてますよ・・・)
3.タイヤのショルダーをくにゅくにゅ押し込んでリムからビードを落とします
4.バルブの横あたりに「うりゃ!」っとレバーを突っ込んでビードを外に抉り出しレバーをスポークに固定。
5.2本目のレバーでうりゃうりゃとビードをせり出させます
6.ある程度ビードが出て来たら、てでうりゃうりゃっとビードを全部外にだします
7.チューブを引きずり出す
8.軽く空気を入れて空気の洩れ状況を確認 小さめに裂けてます ご臨終・・・なーむー
9.タイヤの外側を見て、異物が刺さってないか確認
(ほんとうはここでタイヤの内側も異物がないか調べますが失念)
10.スペアチューブにかる~く空気を入れて、バルブを起点にごしごしタイヤの中にチューブを押し込みます。
11.チューブが噛みそうな箇所を目視確認
12.バルブの横あたりを基点にタイヤをリムの内側に押し込んでいきます
 最後は人力ではムリそうなのでタイヤレバーの助けを借りて「うりゃ!」っと押し込みます
13.空気を入れる前にチューブがはみ出てリム噛みしそうな箇所がないか確認 OK
 (これがとっても大事)
14.携帯ポンプ(納さんからもらった)をバルブに装着 仏式なのでバルブコアをちゃんと緩めよう!
15.100回くらいやるとポンプとバルブのあたりから空気がぷしゅ~っと抜けて来ます・・・ あれ~ なんでだろ~ ど~したらいいのかな~ (っと、これを計3回ほど繰り返す)
16.携帯ポンプの口金のレバーを「親の仇!」のように締め付けてがっちりと気密処置
 怒涛の200回ポンプアップで空気加圧!もうポンプがおせませ~ん・・・っというあたりで後輪との固さがだいたい似通ったので、フロントフォークに前輪装着
17.運行前点検
 ブレーキリリース締めよ~し!
 車体前部分を持ち上げて落としても異音なし!よ~し!
 ブレーキのきき よ~し!
 サドルバックから出した修理道具の収納!よ~し!
 宿題よ~し!歯磨きよ~し!寝る前のおしっこよ~し!
18.出発!

さて・・・
ロスした時間は概ね15~20分 行きが概ね1時間10分の行程
トレインのAvスピードが25km/h程度だとするならば、Av30km/hで追走すれば最後の方で追いつける可能性があるという計算(すっごく乱雑・・・)
っと言う訳で・・・ 行くぜ行くぜ行くぜ~ おらおらおらおらおら~ っとケイデンス100回転Over 巡航33km/hオーバーのペースで走行開始。おおー心拍数が170回超えてるぜ~ まさしく「アフターバナーON!」状態だぜ~
そのまま元気に桜堤公園を超え、河川敷を爆走~・・・っで・・・太郎右衛門橋あたりで足がSOLD OUT・・・ またのご来店をお待ちしておりますに・・・
うぎゃああ~ 足が~ 俺様の脚があ~ 回らない~
こっからは85~90回転を維持するのがやっとで、時折スタンディングを取りながら乳酸除去を図るも回復せず・・・Av25km/hに落ち込みながらだらだらと運転・・・ 遠い・・・遠い・・・遠すぎるぜ・・・秋が瀬公園
川を右岸から左岸に戻ったあたりで後方からトレインの集団がやってきたので先行してもらいます・・・っが!これについていってペース回復~ なんてトレイン走行って楽なんでしょう(危ないけど)
今まで売れ切れ状態だった足が復活してきて、ケイデンスも100回転弱、スピードも31km/h巡航まで回復します。
で、あっという間に秋が瀬公園に帰着~ うわああ~ん追いつけなかったよ~ん

帰りは、あにもー焼き(-1人)メンバーでお昼を食べて帰宅しましたあ。
皆様おつかれさまでした~ 迷える初心者を導いてくれたajaxさんありがとーございまする。

出来たのホヤホヤの青べこ号(ましさん車)は、メタリックなパープルで、なんとも言えない高貴な美しさを漂わせおりましたわ。これにK2号(フェル子車2号仮称)がならんだらさぞかしバイシクルセレブOL風になるんでそうねえ。
さらにそれにばびさま号が並んで、マチコさんが次の里親のところに行って更に新しい自転車乗りを育てて・・・ っと妄想は広がったりなんかして。

来月は週末の予定がほとんどないから、雨が降らない限りは自転車乗るぞ~ 来月は100km走ってもへこたれない足作りを目指したい~
| BLOG TOP |

copyright © 疾き事だぼはぜの如く all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。